• NEW
  • 限定品
  • 会員限定
商品コード:
2565

共栄堂 K18b AK_CL 750ml

販売価格(税込):
2,090
ポイント: 57 Pt
メーカー:
共栄堂ワイン(小林剛士)
関連カテゴリ:
ワイン >
ワイナリー > 共栄堂ワイン(小林剛士)
価格帯(税別) > 1,001円~2,000円
2016年夏に四恩醸造を退職した小林剛士氏が心機一転、牧丘の三養醸造の設備を借用し、同年秋から独自のワインを造り始めました。2016年が独立して最初のヴィンテージとなりましたが、一年ブランクがあり2018年のヴィンテージが2シーズン目です。
彼のポリシーは一貫して、極力低農薬でぶどうを栽培し、ぶどうの品種にこだわらず、おいしくて、低価格のワイン造りを自然体で行なうことです。今後造られるワインに大きな期待が持てます。

自園を含めた甲州種を2/3、マスカット・ベーリーAと巨峰を1/3使用して、天然酵母での発酵後、約5ヶ月樽熟成。瓶詰め時に極少量の亜硫酸塩を添加しています。
やや透明感のあるこげ茶も含む薄い緋色の色調。
フジの林檎、ライム、パッションフルーツ、パイナップルなどの果実、チェリー、ストロベリーのような赤い果実の香りに、カンゾウなどのスパイスの香りを感じます。
口中では、青リンゴなどの青系果実の爽やかな酸味とチェリーやリンゴのような果実味があり、時間の経過と共に、ナツメグ、アーモンドなどの香辛料やナッツ等の木質感が感じられ、アフターに石灰のような鉱物系のニュアンスが残ります。
鮪の炙り、豚肉のしょうが焼き、トマトソースのピッツァ、アスパラのグリル(味噌マヨネーズ)、かき揚げ、焼き鳥(柚子胡椒)などによく合うと思います。
抜栓直後よりも、時間が経過したほうが、香り、味わい共に増すように思います。
ライトタイプ 12℃〜14℃位で

2400本限定

※ワイン名の記号は、Kは共栄堂、18はヴィンテージ、bはビフォー、AKは秋、CLは淡い赤の意味合いです。
 つまりこのワインは、「共栄堂が2018年に醸造し、秋前にリリースした淡い赤ワイン」となります。

※お一人様1本とさせて頂きます。

完売いたしました。
◆ 在庫:なし
この商品は会員限定です。

※会員登録がお済ではない方へ
会員登録しますと、
会員限定商品が購入出来るほか、
購入時に次回以降ご利用可能な
ポイントが貯まります!

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

山梨県産スパークリングワイン

ワインコンクール受賞ワイン

ワイン オリジナルラベル

商品カテゴリー